おりものやデリケートゾーンの臭い撃退!女性の悩みベストアンサー

女性

膣内環境が大きく影響

膣内の洗い方を見直す

女性

おりものの臭いといっても人によって臭いの種類は様々で、ツンとした酸っぱい臭いがする人もいれば、生魚が腐ったような臭いを発生する人もいます。こうした臭いは、膣内で細菌が発生して繁殖している可能性が高いと言われており、他にも善玉菌の减少や菌のバランスが崩れていることが要因として挙げられます。膣内に雑菌が増えることによって、おりものの臭いが強くなると言われていますが、膣内を正常にする為にも、デリケートゾーンの洗い方は非常に需要です。臭いが気になり始めたら、風呂場での自分の洗浄方法をもう一度見直すのが良いでしょう。市販されているボディソープや石鹸の場合、膣への洗浄効果が強すぎる場合もあるので、デリケートゾーン専用の石鹸を使ってみるのも1つの方法です。

洗い方を理解する

普段膣を洗うときには、善玉菌は残しつつ雑菌や汚れは落とすことが大切と言われています。洗浄効果が強い石鹸などで膣を洗ってしまうと、善玉菌も洗い流してしまい、膣が持つ自浄効果が下がってしまいます。効果が下がることによって、カンジダなどのデリケートゾーントラブルやおりもの臭を発生させる可能性もあるので注意が必要です。しかし、石鹸では洗浄効果が強いからといって水だけで洗い流そうとすると、汚れや雑菌がそのまま残ってしまうので更におりものなどの臭いを悪化させてしまいます。具体的には、添加物があまり入っていないデリケートゾーン石鹸で優しく洗い流すのが良いとされており、臭いが気になるという人は石鹸の泡などで数分パックしてみるのも1つの方法です。